韓国ドラマ

その年、私たちは【netflix韓国ドラマ】キャスト・あらすじ・感想評価・反応・ネタバレなし

『その年、私たちは』 日本公開年月日:2021年
タイトル その年、私たちは
英語名 Our Beloved Summer
監督 Kim Yoon-jin
脚本 Lee Na-eun
ジャンル 韓国
TVラブコメディ
TVコメディ
キャスト チェ・ウシク
キム・ダミ
キム・ソンチョル
ノ・ジョンエ

『その年、私たちは』キャストとプロフィール

チェ・ウシク(チェ・ウン役)


チェ・ウシク画像
生年月日:1990年3月26日生まれ
身長:181m
血液型:O型
デビュー:2011年
主な作品:『ディヴァイン・フューリー』『パラサイト 半地下の家族』『狩りの時間』『ムルゲ 王朝の怪物』『ゴールデンスランバー』『ときめきプリンセス婚活記』『The Witch/魔女』『新感染 ファイナル・エクスプレス』

キム・ダミ(クク・ヨンス役)


キム・ダミ画像

生年月日:1995年4月29日生まれ
身長:170m
血液型:O型
星座:牡羊座
デビュー:2017年
主な作品:『梨泰院クラス』『The Witch 魔女』『マリオネット 私が殺された日』

キム・ソンチョル(キム・ジウン役)

キム・ソンチョル画像
生年月日:1991年12月31日生まれ
身長:178m
血液型:B型
デビュー:2014年
主な作品:『刑務所のルールブック』『賢い医師生活』『ブラームスが好きですか?』『ヴィンチェンツォ』『ラケット少年団』

ノ・ジョンエ(エンジェイ役)

ノ・ジョンエ画像
生年月日:2001年7月31日生まれ
デビュー:2010年
主な作品:『dear.M』『18アゲイン』『グレートショー』など

『その年、私たちは』あらすじ

高校時代に撮影したドキュメンタリーが人気を集めたことで、10年ぶりにカメラの前に立った元恋人同士の2人。もう二度と会いたくないと思っていたのに…。
・・・公式より

『その年、私たちは』You Tube予告動画

『その年、私たちは』みんなの反応(ツイッター)

順風満帆な恋愛ドラマではなく、最初から切ないシーンが続くため、見ている人も切なくなってしまうという感情移入が働くようです。それだけ、俳優陣の演技力が高く、それだけでも「見る価値」は高いドラマだといえます。

「セリフ」がアツいという投稿もありました。視聴者にグッとくるような言葉はドラマを見る楽しさの一つともいえます。

『その年、私たちは』感想

フィヨン高等学校に通う成績優秀なクク・ヨンスと、学年でも最下位の成績のチェ・ウン。

教師の知り合いから“学年1位とビリが1ヶ月間生活を共にする”というドキュメンタリー番組の依頼を受け、二人は渋々撮影を了承することに。

想像以上に2人は全く噛み合わず、いがみ合う2人の姿が永遠と映し出される作品。しかし、それを世間は“相性抜群”“シーズン2を希望する”と想像以上の評価でSNSは大盛り上がりすることに。

そこから月日は流れ、現在。社会人になったヨンスは仕事で成果を上げられず、屈辱的な毎日を過ごしていました。

そんな中、強気な性格が功を奏して掴み取ったプレゼンにヨンスは全てを賭けることに。その提案とは、新しくオープンする店舗と有名画家をコラボレーションさせるというもの。

その画家は“コオ氏”と呼ばれていて、展示会にも姿を現さない秘密主義者。しかし、ヨンスが必死に探す人気画家の正体は、実はあのチェ・ウンだったのです…

1話を最後まで見た率直な感想は「え?」という衝撃。序盤から流れる学生時代の二人は仲が悪く、常にいがみ合う存在でした。

しかし、終盤になるにつれてククが探す画家がウンだということがわかり「ここで再開なんだろうな」と安易に考えていて私の予想は大ハズレ(笑)

友人の証言から、この二人はなんと過去に交際していた事実が判明したのです!しかもその別れ方が最悪…これがNetflixのあらすじに書かれてあった“もう二度と会いたくないと思っていたのに…”の正体だったのです。1

話の最期には二人の別れのシーンが少しだけ紹介されているので、ここが『その年、私たちは』1話の最大の注目ポイントになりそうです。

Netflixでは数多くの韓国ドラマが注目される中、この『その年、私たちは』がここまで注目される理由とは何なのでしょう?

その答えの最初はまず、キャストが豪華すぎること!『パラサイト・半地下の家族』や『新感染』で注目された人気俳優チェ・ウシクと、韓国ドラマの人気殿堂入りといっても過言ではない『梨泰院クラス』のキム・ダミが立て続けに共演をしているのです!

私は韓国ドラマがあまり得意ではないのですが…この二人の顔は「めちゃくちゃ見たことあるじゃん」と、一気に作品に興味を持ちました(笑)完全な好奇心で1話を見進めましたが、途中は若干中緩みする印象。

しかし、ここからが「さすが韓国!」と感心するクオリティで、絶対に2話が見たくなります!主演二人の演技力が高いのはもちろんですが、“この二人の過去になにがあったのか?”という部分が気になって仕方ない!

ここからは余談になりますが『その年、私たちは』は現在、検索をかければキャストの紹介やこれからのストーリー展開の予想など、驚くほど検索結果が表示されます。ということは、イカゲームに続く韓国注目作品はココにあったのかもしれません!

話題性の面でも絶対外せない注目作品『その年、私たちは』の新エピソードは火曜日に配信予定です。お見逃しなく!

 

RELATED POST