映画

スイッチング・プリンセス【netflix映画】あらすじ感想評価ネタバレなしキャスト。

スイッチング・プリンセス netflix
『スイッチング・プリンセス』 日本公開年月日:2018年

 

『スイッチング・プリンセス』キャスト

  • ヴァネッサ・ハジェンズ
  • サム・パラディオ
  • ニック・サガル
  • スーアン・ブラウン
  • マーク・フライシュマン
  • エイミー・グリフィス
  • サラ・スチュワート
  • パヴェル・ダグラス
  • ロビン・ソーンズ
  • カライオピ・テイラー
  • ナタリー・ユラ
  • アレクサ・アデオサン

『スイッチング・プリンセス』あらすじ

心優しいシカゴのケーキ職人が、自分とそっくりの公女に出会う。王子との結婚を間近に控えた彼女と共に、クリスマスの入れ替わり計画を立てる。・・公式より

『スイッチング・プリンセス』感想

【あらすじ】
 シカゴでお菓子屋を営むステイシーは、1年前の失恋に傷が癒えぬまま神経質な毎日を送っていました。そんなステイシーは、あることがきっかけで王室主催のケーキコンテストに参加をすることに。そこで出会ったのは、自分と瓜二つの顔をもった令嬢に出会います。結婚を目前に控えた令嬢の思いもよらぬ相談と、ステイシーの運命は?

【感想】

 失恋がきっかけで神経質になりつつあるステイシーを見かねた友人兼スーシェフのケビンは、ステイシーが作るお城のケーキの写真とレシピを王宮主催のコンテストに応募して見事に参加権を手にします。はじめこそコンテストへの参加に乗り気ではなったステイシーでしたが、クリスマスムードの街で偶然再会した元彼とその彼女を見てコンテストへの参加を決意。しかし、そこには料理学校時代の同級生で嫌がらせが絶えないブリアナの姿も…

案の定、ブリアナの嫌がらせでエプロンを汚されたステイシーは、シミを取りに向かう途中に自分そっくりの女性と出会います。ステイシーにそっくりだったのは、モンテナロの令嬢マーガレット。そのマーガレットは王子の婚約者で、結婚式に披露されるウエディングケーキのアドバイスが欲しいとステイシーを王宮に呼び出します。

 王宮でステイシーを待っていたのはウエディングケーキの相談ではなく、国も地理も何も知らずに結婚式を迎えることに不安を感じるマーガレットでした。そしてマーガレットはステイシーに、2日間自分と入れ替わるようお願いをします。

 パティシエとプリンセスが入れ替わるという、女の子なら一度は夢見る王道のラブコメ。それに加えてクリスマスという特別のイベントシーズンが舞台になっていて、終始ワクワクが止まらずつい笑顔になってしまう作品です。同一人物が2役を演じ分けしているということもあって、時折「あれ?どっち?」と混乱してしまうシーンもありますがそれもまたご愛敬です!

王子がサプライズで帰ってきたことに困惑するステイシーも、平民の生活の中で楽しむマーガレットもどちらも「可愛い」の一言!そして何と言っても映画の中で登場するシーンがどれも素敵で、夢の中に居るような気分にさせてくれます。意地悪な同級生を除けば悪役の登場も無く、最初から最後まで幸せな気持ちになれる『スイッチング・プリンセス』はどんな方にもオススメできる傑作です。

ABOUT ME
ネットフリクサー
映画やドラマが好きで、毎日数時間は観てるドラマニアです。U-NEXTやHulu派でしたが、コロナの自粛期間中にNETFLIXを見だしたら完全にはまりました。最近では周りにNETFLIX薦めまくってます!ドラマや映画好きな方と繋がれたら嬉しいです。よろしくお願いします。
RELATED POST