ミーシャと狼:ネットフリックス、あらすじ感想レビュー!ホロコーストを題材として作成されたドキュメンタリー映画!

映画
『ミーシャと狼』 日本公開年月日:2021年8月

NETFLIXの期待作『ミーシャと狼』配信開始です!

【はじめに】
 この作品は、ホロコーストを題材として作成された原作にまつわるドキュメンタリー映画です。ホロコーストとはギリシャ語で「焼かれた生贄」を意味し、ナチス党率いるドイツ国がユダヤ人などに対し組織的に行った絶滅政策や大虐殺を指します。

『ミーシャと狼』あらすじ

2007年に公開されたフランス映画『ミーシャ/ホロコーストと白い狼』の原作『少女ミーシャの旅』。

原作・映画共に話題となりましたが、これらは後にフィクションであったことが判明しました。
今回公開された『ミーシャと狼』は、この作品の誕生から偽りの真相までがドキュメンタリー映画として明らかに!

『ミーシャと狼』感想レビュー

「時には信じがたく、驚くべき物語があります。」
この作品は、この言葉に始まりこの言葉で終わりを迎えます。

7歳の時に両親がナチスに逮捕され、強制収容所に送られた過去を持つミーシャ。彼女はその後、カトリック家庭のド・ワーイル家に引き取られ安全な暮らしと『モニーク』という新しい名前を与えられました。

しかし、命は救われたものの疎外感に襲われたミーシャは、おじいさんから聞いた「両親はドイツにいる」という言葉を信じ、コンパスを頼りに一人長い長い旅に出ることに。

これが『少女ミーシャの旅』の物語の始まりでした。この本を出版すると決意できるまで、二年という歳月がかかったと話すミーシャ。両親を探す道のりは、今ではとても考えることのできないような過酷な内容で、思い出すだけでも苦しくなる。でも、あの頃は「両親は私が生きている」「だから私も生き延びなければいけない」それだけだった。そのインタビューに、私も時を忘れて引き込まれました。

そんなミーシャを説得し、一緒に本を作り上げたのは一人の女性。1990年代初め、ジェーン・ダニエルは小さな出版社を経営していました。そんなジェーンは、ミーシャ話を聞き「これは大当たりする。」そう確信したそうです。

ジェーンが目をつけた通り『少女ミーシャの旅』は世界中でヒット。ディズニーがその話を欲しがり、オプラは番組で取り上げることに意欲示すなど、それはミリオンセラー目前の勢いでした。

しかしそんな中、ミーシャとジェーンの関係に小さな亀裂が生じ始めます。「ジェーンはダメだ…」と話すミーシャは、思うように本が売れない現実で財政難に。それは生活を圧迫し、家財道具を売らなければいけないほどに逼迫していました。

その反動からか、ミーシャはジェーンとの仕事をことごとく拒否し、オプラのショーも断ってしまいます。そしてついに、ミーシャはジェーンを訴えることに。

ミーシャの訴えは『著作権を戻すこと』『印税を全て得ること』。印税を確実に支払った証拠などを揃えて裁判に挑んだジェーンでしたが、ミーシャの本の影響力は凄まじく…。陪審員は全員ミーシャの見方に。その結果、ジェーンには2250万ドルという多額の賠償命令が下されてしまいました。

著作権だけでなく会社も無くなり、追い打ちをかけるような多額の賠償金で心身ともに病んでしまったジェーン。しかし、後処理はしなくてはならず…事の顛末を一つ一つ確認していくと、ある事に気が付きます。それはミーシャがサインした銀行口座の記録書類。

『 1937年5月12日 出生地エテルベーグ 母の旧姓ドンヴィル 』
戦争で情報は失われたはずなのに、ミーシャは自身の生まれた場所や身元を知っていたのです。この矛盾点に気が付いたジェーンは、ミーシャの嘘を証明すべくブログを開設。これは人生が壊されてしまったジェーンにとって大きな賭けでした。

ジェーンのブログに反応したのは、系図学者のシャロン。シャロンは、当時様々な本や特集で取り上げられていたミーシャの写真に注目します。両親が逮捕され、養子縁組した7歳もミーシャは大きなリボンを頭につけ、フリルの付いたワンピースを着ています。この服装と、ふっくらとしたほっぺから「とても7歳には見えない」と疑いを持ったシャロンは、独自の観察力で次々に矛盾点を炙り出します。

しかし、様々な矛盾点は見つかるが肝心の証拠を掴むことができず、知人であるイヴリンに調査協力を仰ぐことに。イヴリンはミーシャと同じ、ホロコーストの生存者で様々な資料を見ることのできる人物。

イヴリンは過去の電話帳や戦争犠牲者公文書館に残されたユダヤ人防衛委員会のリストからミーシャの嘘の確信にたどり着き、ついには教会に残された洗礼の記録や学校に在学していた名簿などの証拠を手に入れることに成功します。

「ナチスから隠されたユダヤ人の子供ではなかったばかりでなく、何の支障もなく安全に学校に通っていたカトリックの子供だった。狼などいなかった。これは20年にわたる詐欺事件。」

そう話すジェーンの声は冷たく、音声と共に巻き戻るこれまでの映像に恐怖すら感じます。涙ながらに「ホロコーストを金儲けに利用した。」と語るのは、ホロコーストの生存者だったイヴリン。全ての人が裏切られた思いでいっぱいでした。
ジェーンのブログにより全ての嘘が発覚したミーシャ。彼女はこれからどうなってしまうのでしょうか?

この報道を受け、記者マルクは独自の観点から記事を作成します。マルクが調査したのは、ミーシャの父ローベルの過去。調べを進めていく中で、マルクはミーシャの叔母であるエマに話を聞くことが出来ました。エマの話から、ミーシャには妄想癖があることや、ローベルがドイツに味方したことで、ミーシャは幼い頃から『裏切者の娘』として育ったことが明らかになりました。

2008年にこのことが明らかになり、マルクはローベルの話を出版。直後ミーシャは声明を発表します。

私は裏切者の娘。
父が機密を話したという疑いをかけられたから。
この本は私自身の物語です。
空想だとしても…私の現実です。
生きてゆくための。
どうかお許しを。
苦しみながら逃れたかっただけなのです。

全てが捏造だったとわかった後、様々な関係者が胸の内を答えてくれました。中でも印象的だったのは、ホロコーストの生存者イヴリンの「彼女は犠牲者でもあり悪役でもあった。」という一言です。ミーシャの言葉は本当に全てが虚言癖によるものなのか?本当に全てが嘘だったとしたら、あの狼との間にある絆はただの偶然だったのか?

今回、作品タイトルが『ミーシャと狼』だったにもかかわらず、この狼との絆については触れられていませんでした。私は…、全てが捏造で現実から逃げるための妄想だったとは思えません。

私達は信じたい。
―ミーシャの信じた話を。
私達は信じたい。
―自分は甘くなかったと。
私達は信じたい。
―この物語には贖罪の意味があると。
「しかしそんな事はない。私達が甘かった。全てが捏造だった。」

ここでまた、ホロコースト歴史家のデボラの言葉が思い浮かんでしまいますが…。

「時には信じがたく、驚くべき物語があります。」

本当に、この言葉の通り信じられないドキュメンタリーに出会うことのできる作品でした。

関連記事

おすすめ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

本日の人気記事

  1. 1

    ギャングランド:抗争地帯【netflixドラマ】シーズン1、あらすじ感想ネタバレなし、キャスト。

  2. 2

    真夜中のミサ【netflixドラマ】あらすじ感想ネタバレなし、キャスト。

  3. 3

    バンコク・ブレイキング【netflixドラマ】シーズン1、あらすじ感想ネタバレなし、キャスト。

  4. 4

    JAGUARジャガー【netflixドラマ】シーズン1、あらすじ感想ネタバレなし、キャスト。

  5. 5

    ムクドリTHE STARLING【netflix映画】あらすじ感想ネタバレなしキャスト。

  6. 6

    ヴェンデッタ~真実、嘘、マフィア【netflixドラマ】シーズン1、あらすじ感想ネタバレなし。

  7. 7

    アフター砕かれる心【netflix映画】あらすじ感想評価ネタバレなしキャスト。

  8. 8

    レインコートキラー:ソウル20人連続殺人事件【netflixドラマ】あらすじ感想評価ネタバレなし。

  9. 9

    メイドの手帳【netflixドラマ】あらすじ感想ネタバレなし、キャスト。

  10. 10

    ブラッド&ウォーター【netflixドラマ】シーズン2、あらすじ感想ネタバレなし、キャスト。

今月の人気記事

  1. 1

    イカゲーム【netflixドラマ】あらすじ感想ネタバレなし、キャスト。

  2. 2

    SAS反逆のブラックスワン:ネタバレなし感想【ネットフリックス】

  3. 3

    クリックベイト:あらすじ、ネタバレなしの感想【ネットフリックス】

  4. 4

    バンコク・ブレイキング【netflixドラマ】シーズン1、あらすじ感想ネタバレなし、キャスト。

  5. 5

    真夜中のミサ【netflixドラマ】あらすじ感想ネタバレなし、キャスト。

  6. 6

    ナイトブック【netflix映画】あらすじ感想ネタバレなし。アレックスとヤズミン脱出なるか!

  7. 7

    『ダイバーズ・クラブ』あらすじ感想【ネットフリックス】

  8. 8

    イントルージョン侵入【netflix映画】あらすじ感想ネタバレなしキャスト。

  9. 9

    ボブ・ロス 楽しいアクシデント裏切りと欲:あらすじ感想【netflix】

  10. 10

    アルラワビ女子高校のあらすじネタバレ感想【ネットフリックス】第6話

年間人気記事

  1. 1

    シーズン2『LUPIN ルパン』1 (シリーズ6)ネタバレ感想!衝撃的なエンディング。

  2. 2

    そしてサラは殺された【netflixドラマ】シーズン2、あらすじ感想評価ネタバレなし、キャスト。シーズン3までもつれこみますな~

  3. 3

    【全裸監督】あらすじ感想~6月24日に全世界同時配信される『全裸監督シーズン2』にむけて

  4. 4

    そしてサラは殺された【netflixドラマ】シーズン2、あらすじ感想評価ネタバレなし、キャスト。

  5. 5

    『エリーゼ・マツナガ』netflixブラジル1話~ネタバレ感想レビュー。殺人犯のエリーゼ、殺されたマルコス、両者の姿が明らかになる!

  6. 6

    『そしてサラは殺された』シーズン2ラスト第8話「死の真相」~最後はまさかのシーズン3への・・・

  7. 7

    『Aリスト』シーズン2あらすじ評価感想レビュー~本当のモンスターは誰なのか?

  8. 8

    【全裸監督2】5話ネタバレ感想レビュー!狙われたトシの末路と大場の裏切り。

  9. 9

    フィアー・ストリート1994《Netflix》あらすじ感想レビュー!殺害事件が頻繁に起こる街・シェイディサイド・・・

  10. 10

    フィアー・ストリートPART 2 : 1978《Netflix》あらすじ感想レビュー!ナイトウイング・キャンプ場で起こった凄惨な殺人。

TOP