映画

私の帰る場所【netflix映画】あらすじ感想評価ネタバレなし。

映画私の帰る場所 netflix
『私の帰る場所』 日本公開年月日:2021年

『私の帰る場所』あらすじ

アメリカ西海岸地域のホームレス問題に光を当てた痛切なドキュメンタリー。ホームレス生活を送る人々の素顔に迫り、深刻化する人道的危機の現状を映し出す。 ・・・公式より

『私の帰る場所』感想

“ロサンゼルス”“サンフランシスコ”“シアトル”皆さん、この三都市の名前を聞いてどのような印象を持ちますか?チャイニーズシアターにゴールデンゲートブリッジ、そしてスペースニードル。観光地としてはもちろん、住みたい都市や観光したい都市としても人気のこの三都市にホームレスに関する非常事態宣言が出されていることを、皆さんご存じでしょうか?

この『私が帰る場所』では一般的な生活を送る人たちとホームレスとして生活する人たちの生活を早送りで見ることができます。本当にこの人たちは同じ都市に住んでいるのか?そう思わずにはいられない、対照的な映像に心が苦しくなってしまいます…

ホームレスになった原因は人それぞれ。物価が高すぎて家賃が払えない人もいれば、同時多発テロで精神を病んでしまった人。中には自身が犯してしまった罪により仕事ができない人や、LGBTへの理解がない両親のもとで育ち援助を打ち切られた若者。そんな様々理由でホームレスとして生活している人たちが口を揃えて望むのは、生活の基盤を作るための住居が欲しいということ。

アメリカではこのような生活を送る人たちを支援し、少しでもホームレスを少なくするプロジェクトが急ピッチで進んでいます。移動型のシャワーや炊き出しはもちろん、最新技術を用いた精神的なケア。そんな支援制度があるにもかかわらず、なぜこのような事態になっているのでしょうか?

私たちが普段思い描く海外のイメージからは大きくかけ離れ過ぎている『私の帰る場所』の映像は、ほとんどがリアルなホームレス生活を描写しています。大都市の道路に面したちょっとしたスペースや橋の下。商業施設に沿って作られている歩道や高級住宅地のすぐ真横。そんな場所に設置されている有り得ない数のテント…そこで毎日のように繰り広げられる暴行や日本では考えられない事件の数々。

「毎晩50万人以上のアメリカ人がホームレスを経験している」という一言で締めくくられたこの『私の帰る場所』。さらに詳しい情報は“LeadMeHomeFilm.com”で閲覧することができます。

「行動を起こしてください」

私たちにできることは何なのか?どうすれば、このように辛い思いをしている人たちを救うことができるのか?深く考えさせられる作品でした。

ABOUT ME
ネットフリクサー
映画やドラマが好きで、毎日数時間は観てるドラマニアです。U-NEXTやHulu派でしたが、コロナの自粛期間中にNETFLIXを見だしたら完全にはまりました。最近では周りにNETFLIX薦めまくってます!ドラマや映画好きな方と繋がれたら嬉しいです。よろしくお願いします。