『ヴィンチェンツォ』ラスト最終話、20のネタバレ感想!ハンソの最期、涙なしでは見られない。

韓国ドラマ
ヴィンチェンツォ』 日本公開年月日:2020年2月20日

NETFLIXの大人気作『ヴィンチェンツォ』です!

『ヴィンチェンツォ』20話 見どころ!

■ハンソの最期、涙なしでは見られないヴィンチェンツォとの会話
■ハンソクに胸を刺されてしまい絶命寸前のチョルウクとヴィンチェンツォの会話シーン
■ヴィンチェンツォによるハンソクの処刑シーン
■クムガ・プラザの面々が幸せそうな日々を過ごしているシーン

『ヴィンチェンツォ』キャスト

  • ソン・ジュンギ
  • チョン・ヨビン
  • テギョン, ユ・ジェミョン
  • キム・ヨジン
  • クァク・ドンヨン
  • チョ・ハンチョル

『ヴィンチェンツォ』20話のあらすじ

深い憎しみと報復⼼にとらわれ、暴⾛するハンソク。マフィアとしての正義を貫くべく、敵をとことん苦めたうえで地獄に送るヴィンチェンツォ。・・公式より引用

『ヴィンチェンツォ』20話のネタバレ感想

ハンソクの銃で撃たれたチャヨンを抱いているヴィンチェンツォに銃を向けるハンソク。それを阻止しようと今度はハンソがつかみかかり、兄の手とともに銃を自分に向け「お前は生まれるべきではなかった」と。ハンソクがトリガーをひいてしまう。そしてハンソが撃ち抜かれる。

最後はやはりハンソが亡くなってしまうのか!と非常に辛いシーンだ。ハンソクが銃口をヴィンチェンツォに向けると彼はチャヨンの盾になる。ヴィンチェンツォにはもう手がないのか!と思えるシーンだったが、幸いハンソクの銃は弾切れになっていた。その場から逃げ出すハンソク。

瀕死のハンソ。「お手柄でしたか?」と言う彼に、「お手柄だ!さすが俺の弟だ!」とヴィンチェンツォ。涙なしには見られないシーン。「生まれて初めて誰かの役に立てた、ありがとう」と言いとうとうハンソは旅立ってしまった。視聴者の一人として、彼に何とか生き延びて欲しかったが、辛い。

撃たれたチャヨンが目を覚ますと病院のベッドでヴィンチェンツォが付き添っている。彼に「自分を責めてるでしょ!私はあなたと一緒に闘って撃たれただけ」とチャヨン。さらに「あなたは悪くない、心配せずにすべてを終わらせて」と。しかし、全てが終わったらヴィンチェンツォは国外に。

ここでお別れかと思うと、やはり寂しいものだ。マスコミによりハンソクが弟・ハンソ殺害、そして弁護士殺人未遂との報道が広がる。拘置所のミョンヒは悔しがり、クムガ・プラザの住人たちは「最後まで弁護士さんたちを助けよう」と団結。そして対外安保情報院のアンにヴィンチェンツォはギロチンファイルを手渡す。総仕上げの下地が整った感触だ。一方、ハン検事長は自分の身が危険だと拘置所に入る準備。

「拘置所に入るのは一瞬の恥だ、命に比べれば」とサインをしさえすれば入れるというのになかなかサインしないハン検事長に女々しさを感じる。そんな中、ヴィンチェンツォから電話が。

「助かる方法を教えてやる」とヴィンチェンツォ。その方法とは「3時間以内にミョンヒを拘置所から出すこと」だった!命が助かる方法があると分かると、いきなりヴィンチェンツォに靡くハン検事長。こんな男は自分の近くには置いておきたくない。ハンソクは来るべき時に向け、武器一式を揃え、兵隊を雇う。

ウサン法律事務所は地検による家宅捜索。そして拘置所にいるミョンヒは出所と言われる。外に出るや否やヴィンチェンツォから出所祝いの電話「おめでとう、今日が命日となる」と。この時にヴィンチェンツォとハン検事長が取引をした会話もミョンヒに聞こえるようにしていたので、ミョンヒは「ハン・スンヒョク、許さない」と独り言ちる。

ヴィンチェンツォの狙いはハン検事長とミョンヒがお互い殺し合うことかもしれない。ハンソクは国外逃亡を狙う。しかし、それを許さないヴィンチェンツォ。アンのアシストによりハンソクの居場所を特定。急ぐヴィンチェンツォ。ハンソクはたくさんのマスコミを前にしてご機嫌で話しているハン検事長に電話。

すると衝撃的なシーンが待っていた!マスコミの群れの中から出て来た、ハンソクが雇っていた刺客に刺されるハン検事長。突然の出来事でビックリした。そしてハン検事長も亡くなった。

逃げるハンソク、追うヴィンチェンツォ。そこにチョ社長からの電話。ミョンヒの行方を抑える。準備が完了し、あとは逃げるだけのミョンヒだが、ライターの開閉の音が聞こえてくる。その音を聞くと一瞬にしてヴィンチェンツォだと分かるだろう。

彼の姿を目にすると焦り、SPを呼ぶが、そこにはSP全てをすでに倒しているチョ社長が!2人に追い詰められるミョンヒに更なる一撃、「会長(ハンソク)に送った金は横取りした」と。ミリがハッキングしたのだ!ヴィンチェンツォはさらにミョンヒを簡単には死なせないと追い詰める。

ミョンヒの足を潰し、椅子に座らせた状態でスプリンクラーでガソリンをミョンヒに浴びせる。ここまでやられるとミョンヒも恐怖を感じたのか「銃で撃ち殺してくれ」と。

当然だがヴィンチェンツォはそんなこと許すはずもない。するとミョンヒは「女と子供は殺さないはずでしょ、だから許して」と、もやは見る影もない。そして衝撃のミョンヒのラスト!ヴィンチェンツォの投げた火のついたライターでガソリンが引火。ミョンヒは火達磨になる。残るはハンソクただ一人。

アンがハンソクの居場所を特定するとともに、警察がヴィンチェンツォを指名手配したことも告げる。ここからは時間との勝負という緊張感が走る。アンは応援を贈ったとのことだが、自動車で標的を目指すのはソクド、ホンシク、チョルウク、カンの4名。怪物ハンソクに太刀打ちできるのか?というようなメンバーだが。

港でハンソクたちの前に到着するクムガ・プラザの4人。ハンソクの護衛を次々とやっつけて行く。心配していたものの、非常に強くて頼りになる。しかし、やはりハンソクはヤバいヤツだった。

ハンソクを取り押さえようとしてスリーパーホールドをキメていたチョルウクの胸をナイフで一突き。さらに携帯している拳銃で他の3人を狙う。危うし!と思ったところで、ハンソクが片足を撃ち抜かれる。

ヴィンチェンツォの登場だ!倒れたハンソク。落した拳銃を拾おうとするが、もう一方の足も撃ち抜かれる。緊急事態なのはチョルウクの方だ!ナイフで胸を刺され、危険な状態。父親になる決心がつき、子供もできて喜んでいたのに。何とか生き残って欲しいと思うのは私だけではないだろう。

ヴィンチェンツォとチョルウクの最期の会話シーンも涙なしではいられない。ここでソクドがいい仕事をする。前回ではソクドに「白衣の天使」とのテロップが流れたが、彼は元看護師だった!すぐさまチョルウクに処置を施した。

チョルウクは何とかなるかもしれないと希望を持たせてくれるソクドだった!パトカーがこの場の近くに来たことで急いで立ち去らなければならないヴィンチェンツォ。

ハンソクを後部座席に放り込み、自動車を飛ばす。その後をパトカー3台が追跡。するとソクドの運転する自動車が警察の乗るパトカーを足止めするというナイスジャッジ!ヴィンチェンツォが逃げ切る。

少々一安心と思っていたが、ナム事務長と安静のチャヨンのシーンになると、言葉にははっきり出さなかったが、チョルウクが亡くなってしまったと思わせる姿だった。ドラマだと分かっていても仲間が亡くなるのは非常に辛い。

場面が変わり、ヴィンチェンツォと捉えられているハンソクのシーン。「なぜ俺の居場所が分かった?」とのハンソクの問いに「弟のおかげだよ」とヴィンチェンツォ。そしてその理由が映像で語られる。在りし日のハンソの笑顔、そしてヴィンチェンツォと一緒に食事をしていて幸せそうな顔が非常に印象的だ。

ハンソクが自分にセッティングされている装置にふれると「ロシアのマフィアから教わった『コピヨー・クスクゥプリエーニャ』、『贖罪の槍』だ」とヴィンチェンツォ。またこの装置が肺に穴でも開けて苦しませるようなフォルムだ。

この装置のシステムをこれから罰を受けるハンソクに説明するが、これがまた凄い!痛みを出来るだけ長い間与え続けるという耐えがたい苦痛を生み出す装置だ!さすがにハンソクも勝てないと悟った様で、ヴィンチェンツォに取引を持ちかける。散々人を殺しておいて、そんな虫のいい話をするな!と怒鳴りたい気分だ。もはやなりふり構わぬハンソク。「全財産をやるよ」とか「手足を切り落とすくらいでいいだろ」とか。そして最後には「俺が悪かった」と謝るまでに至った。装置を5分ごとに自動で動くようにセットし、その場を立ち去るヴィンチェンツォ。

ハンソクの永遠と続くと思えてしまうような痛み、苦しみを想像すると耐えがたいだろう。残るは指名手配となっているヴィンチェンツォが韓国を脱出すること。チョ社長と対外安保情報院のアンがヴィンチェンツォのパスポートなど周到に準備していた。データの書き換えをして手に入れたが30分後には元に戻ってしまうということで、ここでも時間との勝負という緊迫感が。いざ空港へ!という時に彼らのもとに近づいて来る自動車のクラクションがなる。

チャヨンとナム事務長だ!最後の別れに顔を見られただけでも良かったのだろう。空港に急ぐヴィンチェンツォを乗せたチョ社長の自動車を見送る3人。別れ、しかも二度と会えないかもしれない別れと思うと胸がグッと詰まる。

時は流れ、チャヨンが自動車を運転しているとラジオから「元マフィアの容疑者の行方が1カ月不明、検問にも引っかからず、国内に潜伏しているのではないか」と流れて来ると、ヴィンチェンツォは結局国外に脱出しなかったのか?との疑問が。そして田舎にシーンが変わる。ワイン畑、そして併設されたワイナリー。

そこにヴィンチェンツォがいるのか!と期待感が高まる。しかし、その畑の1畝をレンタルしていたのはチャヨンのようだ。ただし、ヴィンチェンツォの名前で。1年後、次期大統領最有力候補だったパク・スンジュン氏は落選および土地の違法投機で逮捕、バベルグループは会社更生法の申請。

そんな中、パク議員の右腕として働いていたキム室長はキム・ソグとして新党を立ち上げて立候補し、クムガ・プラザの前で演説。最も悪い奴らを消しても二番手、三番手がでてくるよなぁと感じる。テンションをあげているキムたちだが、彼らの前に黒スーツでビシッとキメた軍団がやって来る。

「カサノ・クムガファミリー」と名乗るチャヨンを筆頭とした住人たちだ!すっかり彼らは人が変わったようになったな。チャヨンはシングァン銀行の件で前会長と彼の妻で現会長であるソ氏を逮捕に至らしめる。チャヨンもドラマスタート時とは全くの別の人間になったなぁと嬉しく思う。

直後のシングァン銀行の若き頭取で今や刑務所で刑に服しているファン(男色でヴィンチェンツォを愛している「エピソード8」参照)はチャヨンからもらったヴィンチェンツォの写真を見て女々しくしているシーンは笑えるところ。対外安保情報院のアンは昇進して局長になっている。そして局長は院長になっていて、アンのもとで国際犯罪対策局に復帰したチョ(元チョ社長)。

アンとチョがガッチリと手を取り合い「コンシリエーレを見つけよう」「そうですね」という会話は笑った。院長が言うように、「仕事、それじゃないだろ!」とツッコミを入れたくなる。クムガ・プラザの質屋(チョルウクが経営していた)では妻のイエファが生まれた娘・ダルレをあやしながら開店している。

ソクドは従業員らしい。するとダルレに両手を伸ばし、抱き上げる人物が!何とチョルウクではないか!亡くなっていなかったんだと分かると明るい気分になった。ピアノ教室ではミリが金塊をピアノの中に隠しておいてあるシーン。

暖薬寺は「プロポーズ祈願」を売り出し中。若干過去のシーンが出て来て、これが印象的。住職とヴィンチェンツォの対面シーンで「多聞天」のことを住職がヴィンチェンツォに話す。

ハンソクに「俺は多聞天だ」と言っていたのはこういうことがあってのことだったんだなと思った。裁判で最高の結果を出したチャヨンが事務所に戻るとナム事務長が「机に手紙が」と。見てみると以前にヴィンチェンツォが言っていたフレーズ「仲間とは2つの身体に1つの魂が宿るもの」と書かれている。

そしてチャヨンが壁にその手紙を貼るのを見ると何通もヴィンチェンツォから手紙が来ていたのだなと思える。マルタの写真のハガキがたくさん貼ってあるからだ。そうかぁ、ヴィンチェンツォは今、マルタにいるのかと感慨深い。

さらに事務長から「韓国・イタリア修好記念美術展」のチケットを手渡される。ナム事務長は別の用事があり、チャヨンは1人で行くことに。チャヨンがある絵画の前で足を止めて鑑賞していると彼女に近づいてくる人物が。想像通りヴィンチェンツォだ!イタリアの使節団に紛れて来たそうだ。

だから1年に1回1日だけ韓国に入国できると。しかし「代わりに僕の島に招待する」とチャヨンに言うヴィンチェンツォ。ヴィンチェンツォは島を買ったのかという驚きでいっぱいだった。それから暖薬寺から少しずつ持ち出した金塊の隠し場所を明かすシーンになると運んだ者たちが健気に少しずつ運んで来ては積み上げしてる姿を見ると微笑ましくなる。

しかもその金塊を敷き詰めた上でシーツ1枚で毎晩チャヨンは寝ていたのかと想像できるシーンを見ると身体が痛かったろうなと思うとともにごくろうさまと言いたい気分。今、ヴィンチェンツォはカサノファミリーのボスになっていて、ファミリーと共に暮らしているとのこと。怪物たちとの死闘も終わり、もう2人にとって障壁となるものはない。ヴィンチェンツォもチャヨンもお互いの気持ちに正直になれたようで微笑ましい。

良い雰囲気でエンディングを迎えるかと思いきや、何だか不安にさせるようなBGMが流れて来るではないか!最後ヴィンチェンツォが刺されて衝撃的なエンディングを迎えるのかと不安に思っていたが、ヴィンチェンツォはクズを始末する悪党になることを決心する。そしてヴィンチェンツォからの最後のメッセージで締めくくられる。この大作が終わると思うと非常に寂しい。

関連記事

おすすめ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

週間ランキング

  1. 1

    シーズン2『LUPIN ルパン』1 (シリーズ6)ネタバレ感想!衝撃的なエンディング。

  2. 2

    『LUPIN ルパン』シーズン2~2 (第7章)ネタバレ感想!クレールはアサンに一言「逃げて」と。

  3. 3

    シーズン4配信決定!ストレンジャーシングス1~2話あらすじネタバレ感想!

  4. 4

    シーズン2『LUPIN ルパン』エピソード5 (第10章)ラストネタバレ感想!

  5. 5

    シーズン2『LUPIN ルパン』エピソード4 (第9章)。迷路のようなカタコーム内でのアサンたちとロジエ警部たち・・・

  6. 6

    『LUPIN ルパン』シーズン2~エピソード3 (第8章)ネタバレ感想!アサンの壮大かつ鮮やかな計画!

  7. 7

    『そしてサラは殺された』シーズン2(6話)netflix、シーズン3までもつれこみますな~

  8. 8

    『LUPIN ルパン』3章netflix~ネタバレ感想!デュモンが監禁されている場所が判明する!

  9. 9

    『そしてサラは殺された』シーズン2ラスト第8話「死の真相」~最後はまさかのシーズン3への・・・

  10. 10

    『LUPIN/ルパン』2章~ネタバレ感想!ゲディラ捜査官の今後に注目!

おすすめ記事

  1. 【オールド・ガード】netflixネタバレ感想!評価レビュー~たかが五人…されど五人の卓越したチームワークが魅せる華麗なアクション!

  2. 『スペース・スウィーパーズ』netflixネタバレ感想!汚染された地球のはるか上空にあるUTS!?

  3. 『密航者』ネットフリックス、ネタバレ感想!宇宙空間という漆黒の世界で涙を誘うラストシーン!

  4. ザ・ベビーシッター~キラークイーン【NETFLIX】ネタバレ感想!さらに進化したグロテスクな描写!

  5. ザ・ベビーシッターNETFLIXネタバレ感想結末!残酷なのに笑える!グロテスク版ホームアローン風映画!

  6. ラブ&モンスターズ、ネタバレ感想評価!化学爆弾により巨大化&変異したさまざまな生物・怪物!

  7. 水原希子『彼女』ネタバレ感想評価。さとうほなみ共演!YUIのCHE.R.RYやノラジョーンズの曲がほっとさせる!

  8. 『タイラー・レイク』最後は衝撃!キャストの髪形、タイラーの銃かっこいい!

最近の記事 おすすめ記事
  1. 『シスター戦士』シーズン2の配信も決定!2話ネタバレ感想【NETFLIX】

  2. シスター戦士10話,シーズン2に続く終わり方でまだまだ謎は残るけど面白かった!

  3. シーズン4配信決定!ストレンジャーシングス1~8話ラストあらすじネタバレ感想!

  4. ロック&キー8話~ネタバレ感想!ついに現れるΩ鍵と、ドッジに隠された秘密!

  5. 『愛の不時着』14話ネタバレ感想レビュー~ジョンヒョク、チョルガンの直接対決ラスト!

  1. そしてサラは殺されたnetflix ネタバレ感想キャスト !1話「過ちじゃない」

  2. 【暗黒と神秘の骨】1話ネタバレ感想!怪物ブォルクラの存在感は圧巻!

  3. ベイカー街探偵団1章ネタバレ感想!弱弱しいジェシーが実は凄い能力を秘めてた!

  4. 『呪怨 呪いの家』 シーズン1 ~1話 「行ってはいけない家」ネタバレ感想キャスト!【NETFLIX】

  5. 『パシフィック・リム:暗黒の大陸』 シーズン1 第1話 、ネタバレ感想!対怪獣ロボット・イエーガー

TOP