殺人者の記憶デニス・ニルセンが残したテープ【ネットフリックス】あらすじ感想レビュー

映画
『殺人者の記憶デニス・ニルセンが残したテープ』日本公開年月日:2021年8月18日

『殺人者の記憶デニス・ニルセンが残したテープ』見どころ

■社会的弱者のみを狙って度重なる殺人に手を染めたニルセン。そんなニルセンは本当に異常な加害者だったのか?

『殺人者の記憶デニス・ニルセンが残したテープ』あらすじ

イギリス ロンドンで5年にわたり大量殺人を犯したデニス・ニルセン。そんな彼が服役中に語った犯行の詳細と、関係者が過去を語るVTR。異常としか言いようのないその犯行の裏に隠れた差別や貧困。その全てが明らかになるドキュメンタリー映画『殺人者の記憶:デニス・ニルセンが残したテープ』。大量殺人鬼が語るその真実とは?

『殺人者の記憶デニス・ニルセンが残したテープ』感想

『殺人者の記憶:デニス・ニルセンが残したテープ』は、社会的弱者や同性愛者を狙ったニルセンの大量殺人の記録と映像を伝記・ドキュメンタリーです。過激な映像や生々しい肉声、また人によっては不快に思う表現が多々含まれますのでご注意ください。

 My name is Dennis Nilsen.
刑務所内で録音された250時間を超える殺人鬼の肉声と、ニルセンが書いた自伝。スティーブ・マッカスカー警部補は当時のことを鮮明に記憶していました。事件の始まりは凍えるほど寒い日、あるアパートの排水溝が詰まったどこにでもある事件がきっかけでした。配管工事を担当したマイク・キャトランは、当時記者のインタビューに「知識が無くてもおかしいと思う。動物の死骸などではなかった。」と答えています。
 クランリー・ガーデンズのマンホールから見つかったのは肉片。そして、その現場にやってきたニルセンは冷静に…自身の部屋に警察を招き入れます。部屋中に漂う異臭。そのまま連行されるニルセン。殺人犯を逮捕して安堵の表情を浮かべるはずのスティーブは、その時何故か胸騒ぎを抑えることが出来ませんでした。

  「クローゼットに残された遺体の袋が大きすぎる…」
遺体は…1体?…2体?ニルセンは「15~16体」と答えます。

 当時、事件現場に向かうように指示を受けたBBC特派員ビル・ハミルトンは、その依頼を受けて「どうせありふれた事件だろう」と考えていました。ニュースになってそれで終わり。この時はまだ、ロンドン中がそう思っていました。

 ホーンジー警察署 尋問記録。
ニルセンは容疑を否定するでもなく、自供を渋るでもなく。殺害の状況を淡々と語ります。パブで知り合い、自宅に招き入れた後に殺害を繰り返すニルセン。酒と音楽を楽しみ、翌朝には遺体がある異常な状態・異常な被害者数。しかし…

  「被害者が誰なのかがわからない…」
 通常の事件では、被害者が訴え警察が捜査する。しかし、この事件では犯人が目の前にいるにもかかわらず被害者がわからないのです。

 当時のイギリスでは、雇用を求めて抗議するデモが勃発。全国的失業率の高さから、人々は成功を求めて磁石のようにロンドンという町に引き寄せられていました。そして、ニルセンの職業は『職業安定所職員』。ニルセンにとって、社会的弱者を探すことはそう難しいことではありませんでした。この時の警察の見解は「仕事も無く家もない青年が寝場所を求めた結果」。しかし、いくら社会的弱者だったとしてもこれほどまでに大量の被害者がいる中で1件の被害届も提出されていないのか?

  「ニルセンは以前、警察官だった。」
 元同僚でニルセンの友人だったボブ・ブレントン巡査部長は、過去にニルセンが起こした事件を担当していました。
ある日、パブにいた青年を襲ったニルセン。危機を感じて逃げ出した青年は100針を縫う大怪我をしながらも、両親はニルセンを訴えることはしませんでした。それは、青年がニルセンと出会ったパブが『ゲイバー』であったこと。当時のイギリスは同性愛者に対しての偏見が酷く、息子がゲイだと知られることほどこの家族にとって苦痛な事はなかったのです。そしてボブは調書の冒頭に「この男は危険なサイコパスだ」と書き残し、この時訴えていたら誰か救えたかもしれないと後悔の念を語ります。

 現在では同性愛者が社会的に認識され、それを差別することこそが悪だと思われる時代。それとは全く逆の時代背景の中で起こったこの残酷な事件。中央刑事裁判所で行われた裁判でも、同性愛者関係者は誰しもが口を揃えて出廷を拒否しました。
同性愛者が迫害され、全国的に失業率が高かったこの時代。警察官の経験から「探されない人間」を狙った5年にわたる計画的連続殺人。この事件が発覚したのは、なんてことはない『配管の詰まり』。これがなければ、ニルセンの殺人は続いていたでしょう。ニルセンがおかしたたった一つのミスは、他人に影響を与えたこと。

 250時間を超える肉声テープの中には、ニルセンがこのような精神状態・性癖になった詳細も生々しく語られています。被害者を生み出した当時の社会風潮。ニルセンという人物を過剰に報道して、作りだした怪物像。時代の流れで子供を見放した親たち。
本当の悪は、デニス・ニルセンただ一人だったのでしょうか?

関連記事

おすすめ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

本日の人気記事

  1. 1

    ギャングランド:抗争地帯【netflixドラマ】シーズン1、あらすじ感想ネタバレなし、キャスト。

  2. 2

    真夜中のミサ【netflixドラマ】あらすじ感想ネタバレなし、キャスト。

  3. 3

    バンコク・ブレイキング【netflixドラマ】シーズン1、あらすじ感想ネタバレなし、キャスト。

  4. 4

    JAGUARジャガー【netflixドラマ】シーズン1、あらすじ感想ネタバレなし、キャスト。

  5. 5

    ムクドリTHE STARLING【netflix映画】あらすじ感想ネタバレなしキャスト。

  6. 6

    ヴェンデッタ~真実、嘘、マフィア【netflixドラマ】シーズン1、あらすじ感想ネタバレなし。

  7. 7

    アフター砕かれる心【netflix映画】あらすじ感想評価ネタバレなしキャスト。

  8. 8

    メイドの手帳【netflixドラマ】あらすじ感想ネタバレなし、キャスト。

  9. 9

    ブラッド&ウォーター【netflixドラマ】シーズン2、あらすじ感想ネタバレなし、キャスト。

  10. 10

    イカゲーム【netflixドラマ】あらすじ感想ネタバレなし、キャスト。

今月の人気記事

  1. 1

    イカゲーム【netflixドラマ】あらすじ感想ネタバレなし、キャスト。

  2. 2

    SAS反逆のブラックスワン:ネタバレなし感想【ネットフリックス】

  3. 3

    クリックベイト:あらすじ、ネタバレなしの感想【ネットフリックス】

  4. 4

    バンコク・ブレイキング【netflixドラマ】シーズン1、あらすじ感想ネタバレなし、キャスト。

  5. 5

    真夜中のミサ【netflixドラマ】あらすじ感想ネタバレなし、キャスト。

  6. 6

    ナイトブック【netflix映画】あらすじ感想ネタバレなし。アレックスとヤズミン脱出なるか!

  7. 7

    『ダイバーズ・クラブ』あらすじ感想【ネットフリックス】

  8. 8

    イントルージョン侵入【netflix映画】あらすじ感想ネタバレなしキャスト。

  9. 9

    ボブ・ロス 楽しいアクシデント裏切りと欲:あらすじ感想【netflix】

  10. 10

    アルラワビ女子高校のあらすじネタバレ感想【ネットフリックス】第6話

年間人気記事

  1. 1

    シーズン2『LUPIN ルパン』1 (シリーズ6)ネタバレ感想!衝撃的なエンディング。

  2. 2

    そしてサラは殺された【netflixドラマ】シーズン2、あらすじ感想評価ネタバレなし、キャスト。シーズン3までもつれこみますな~

  3. 3

    【全裸監督】あらすじ感想~6月24日に全世界同時配信される『全裸監督シーズン2』にむけて

  4. 4

    そしてサラは殺された【netflixドラマ】シーズン2、あらすじ感想評価ネタバレなし、キャスト。

  5. 5

    『エリーゼ・マツナガ』netflixブラジル1話~ネタバレ感想レビュー。殺人犯のエリーゼ、殺されたマルコス、両者の姿が明らかになる!

  6. 6

    『そしてサラは殺された』シーズン2ラスト第8話「死の真相」~最後はまさかのシーズン3への・・・

  7. 7

    『Aリスト』シーズン2あらすじ評価感想レビュー~本当のモンスターは誰なのか?

  8. 8

    【全裸監督2】5話ネタバレ感想レビュー!狙われたトシの末路と大場の裏切り。

  9. 9

    フィアー・ストリート1994《Netflix》あらすじ感想レビュー!殺害事件が頻繁に起こる街・シェイディサイド・・・

  10. 10

    フィアー・ストリートPART 2 : 1978《Netflix》あらすじ感想レビュー!ナイトウイング・キャンプ場で起こった凄惨な殺人。

TOP