国内ドラマ

新聞記者 第2話【netflixドラマ】あらすじ・感想・ネタバレなし

新聞記者
タイトル 新聞記者
英語名 The Journalist
監督 藤井道人
脚本 山田能龍
小寺和久
撮影 今村圭佑
照明 平山達弥
美術 部谷京子
エグゼクティブ・プロデューサー 坂本和隆
原案・企画・制作 河村光庸
ジャンル 国内
本が原作のTV番組・ドラマ
社会派TVヒューマンドラマ
キャスト 米倉涼子
綾野剛
横浜流星
吉岡秀隆
寺島しのぶ
吹越満
田口トモロヲ
大倉孝二
田中哲司
萩原聖人
柄本時生
土村芳
小野花梨
橋本じゅん
でんでん
ユースケ・サンタマリア
佐野史郎
新聞記者

『新聞記者』他の記事のリンク集

新聞記者 第1話のあらすじ・キャスト・見どころ・感想・ネタバレなし
新聞記者 第3話のあらすじ・感想・ネタバレなし
新聞記者 横浜流星演じる木下亮とはどんな人物?(ネタバレなし)

『新聞記者』キャスト&プロフィール

監督:藤井道人

藤井道人監督の画像
生年月日 1986年8月16日
出 身  東京
主な作品
『オー!ファーザー』
『幻肢』
『光と血』
『青の帰り道』
『デイアンドナイト』
『新聞記者』
『宇宙でいちばんあかるい屋根』
『ヤクザと家族 The Family』
『余命10年』(2022年春公開予定)他多数

出演:米倉涼子(松田杏奈役)

東都新聞社会部記者


米倉涼子の画像

生年月日 1975年8月1日
出 身  神奈川県
主な作品
(テレビドラマ)
『ラブ・レボリューション(2001年)』
『非婚家族(2001年)』
『整形美人(2002年)』
『武蔵 MUSASHI(2003年)

『松本清張 黒革の手帖(2004年)』
『交渉人〜THE NEGOTIATOR〜(2008年)』
『ナサケの女〜国税局査察官〜(2010年)』
『ドクターX〜外科医・大門未知子〜(2012年)』
『35歳の高校生(2013年)』
『リーガルV〜元弁護士・小鳥遊翔子〜(2018年)』

綾野剛(村上真一役)

総理大臣夫人の秘書。エリート若手官僚。

綾野剛の画像

生年月日 1982年1月26日
出 身  岐阜県
主な作品
(テレビドラマ)
『仮面ライダー555(2003年)』
『Mother(2010年)』
『カーネーション(2011年)』
『八重の桜(2013年)』
『最高の離婚(2013年)』
『空飛ぶ広報室(2013年)』
『コウノドリ(2015年)』
『MIU404(2020年)』

横浜流星(木下亮役)

新聞配達をしながら大学に通う就活生。ただ、新聞は全く読んでいない
横浜流星
生年月日 1996年9月16日
出 身  神奈川県横浜市
主な作品
(テレビドラマ)
『烈車戦隊トッキュウジャー(2014年)』
『初めて恋をした日に読む話(2019年)』
『あなたの番です(2019年)』
『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。(2020年)』

『私たちはどうかしている(2020年)』
『着飾る恋には理由があって(2021年)』

吉岡秀隆(鈴木和也役)

中部財務局職員。自分の意思に反し改ざん作業を行う
吉岡秀隆
生年月日 1970年8月12日
出 身  埼玉県さいたま市
主な作品
(テレビドラマ)
『北の国からシリーズ』
『Drコト―診療所シリーズ』他多数

寺島しのぶ(鈴木真弓役)

和也の妻
寺島しのぶ
生年月日 1972年12月28日
出 身  京都府京都市
主な作品
(大河ドラマ)
琉球の風(1993年)
八代将軍吉宗(1995年)
北条時宗(2001年)
武蔵 MUSASHI(2003年)
龍馬伝(2010年)
いだてん〜東京オリムピック噺〜(2019年)
主な作品
(ドラマ)
八つ墓村(1995年)
愛しすぎなくてよかった(1998年)他多数

吹越満(北村役)

東都新聞社会部所属。松田の上司
吹越満
生年月日 1965年2月17日
出 身  青森県東北町

田口トモロヲ

田口トモロヲ
生年月日 1957年11月30日
出 身  東京都武蔵野市

大倉孝二

名古屋地検特捜部。栄信学園の汚職事件を担当
大倉孝二の画像
生年月日 1974年7月18日
出 身  東京都

田中哲司

村上の新しい上司。内閣情報調査室を担当する
田中哲司
生年月日 1966年2月18日
出 身  三重県鈴鹿市

萩原聖人(こうへい役)

松田の兄。元々内閣官房にいたが、今は。。。
萩原聖人の画像
生年月日 1971年8月21日
出 身  三重県鈴鹿市

柄本時生(佐藤役)

東都新聞社会部所属、松田の後輩
柄本時生の画像
生年月日 1989年10月17日
出 身  東京都

土村芳(つちむらかほ)

東都新聞社会部所属、松田の後輩
土村芳の画像
生年月日 1990年12月11日
出 身  岩手県盛岡市

小野花梨(繭役)

新聞配達のアルバイトをしている。亮のアルバイトの同僚
小野花梨の画像
生年月日 1998年7月6日
出 身  東京都

橋本じゅん

東都新聞社会部のデスク。松田の上司
橋本じゅんの画像
生年月日 1964年2月25日
出 身  兵庫県神戸市

ユースケ・サンタマリア(豊田役)

信報エージェンシー取締役と内閣官房参予を兼任している。AI技術の開発に深く関わっており汚職が疑われている
ユースケ・サンタマリアの画像
生年月日 1971年3月12日
出 身  大分県大分市

でんでん

亮がアルバイトをしている新聞配達会社の社長
でんでんの画像
生年月日 1950年1月23日
出 身  福岡県筑紫野市

佐野史郎

総理補佐官。栄新学園の土地売買の件に対し箝口令を出すなど指揮をとる
佐野史郎の画像
生年月日 1955年3月4日
出 身  山梨県山梨市

『新聞記者』第2話 あらすじ&感想(ネタバレなし)

2話目は、引き続き松田、村上、木下、鈴木の4人の視点で物語は進んでいきます。その中でも特に、焦点があてられたのは中部財務局で、上からの命令で改ざん作業を行う鈴木です。

 

鈴木はこれまで国民のため、そして妻に誇れる仕事をするため、まじめに仕事に打ち込んできました。ただ、今回の改ざん作業で日に日にやつれていく姿が映し出され、そして途中からは、精神的にも追い詰められ、完全に人が変わっていく様子が描かれています。

 

一方、内閣情報調査室に配属になった村上も、同じく上からの命令で、栄新学園の汚職事件を表ざたにしないため、かかわった人物の調査を行っています。

 

村上は、まだ鈴木のように精神的に追い詰められていないですが、ただ少しずつ上のやり方に納得できない感情が表に出ている様子が描かれていました。

 

2話目の最後には、松田の過去についても調査し、松田の兄が元々内閣で仕事をしていたこと、そしてその兄は村上の元上司だったこともわかります。今後、村上がどのような行動にでるのか、とても興味深いところです。

 

そして、最後は新聞配達のアルバイトをしている亮。亮も少しずつ新聞を読むようになり、積極的にわからないところを一緒に働いている繭に質問しています。

 

1話目では世間知らずな学生でしたが、2話目に入り、少しずつ時事ネタに興味を示し、就職活動生として、人として成長していく姿が描かれています。

 

2話目の主役は完全に鈴木で、最後は衝撃的なシーンで終わりますが、ドラマをみている方はおそらく最後のシーンを想像できたのではないでしょうか。それくらい鈴木にスポットが当てられた第2話でした。

 

新聞記者
ABOUT ME
ネットフリクサー
映画やドラマが好きで、毎日数時間は観てるドラマニアです。U-NEXTやHulu派でしたが、コロナの自粛期間中にNETFLIXを見だしたら完全にはまりました。最近では周りにNETFLIX薦めまくってます!ドラマや映画好きな方と繋がれたら嬉しいです。よろしくお願いします。
RELATED POST