映画

ライトニング・ムラリ【netflix映画】あらすじ・キャスト・感想・評価・ネタバレなし

『ライトニング・ムラリ』 日本公開年月日:2021年12月24日配信
タイトル ライトニング・ムラリ
英語名 Minnal Murali
監督 ベイジル・ジョセフ
脚本 アルン・アニルダン
ジャスティン・マシュー
ジャンル インド
マラヤーラム語の映画
コメディ
キャスト トヴィノ・トーマス
グル・ソマスンダラム
アジュ・バルギーズ
バイジュ
ハリシュリー・アショーカン
フェミナ・ジョージ
スネハ・バブ
P・バラチャンドラン

『ライトニング・ムラリ』キャスト&プロフィール

バジル・ジョセフ監督

マラヤーラム語の映画業界で活躍するインドの映画監督。

トヴィノ・トーマス

マラヤーラム映画で活躍するインド人の映画俳優トビーノ・トーマスは、2017年のスポーツコメディ映画『Godha』に続き2度目となるバジル・ジョセフとのコラボレーション。

Tovino Thomas

グル・ソマスンダラム

タミルおよびマラヤラム語の映画に出演しているインドの俳優。2011年の「Aaranya Kaandam 」でデビュー。主な出演は2013年「Pandiya Naadu」、2014年のギャング映画「Jigarthanda 」、2016年の政治風刺映画「Joker」など。

Guru Somasundaram
■アジュ・バルギーズ
■バイジュ
■ハリシュリー・アショーカン
■フェミナ・ジョージ
■スネハ・バブ
■P・バラチャンドラン

『ライトニング・ムラリ』あらすじ

雷に打たれ、特殊なパワーを授かった仕立屋。地元の人々が求める真のスーパーヒーローになるべく立ち上がった彼は、思いもよらぬ敵と向い合うことに。・・・公式より

『ライトニング・ムラリ』公式インスタグラム

『ライトニング・ムラリ』感想

700年に一度、火星・土星・木星が三角形の配列に並ぶ歴史的天体ショーが見られるクリスマスの日。仕立て屋ヴァルキの息子ジェイソンは交際していたビンシーの婚約というショックから立ち直れないでいました。

一方、学生時代から思いを寄せるウシャが夫と別れて帰ってきたという報告を受けたシブは、一人ボートでウシャの家へ。

失恋と恋心。両者全く違う気持ちを抱えながら迎えたクリスマスの夜、二人は歴史的天体ショーの雷に打たれ倒れてしまいます。

一般的に人間が雷に打たれた場合に起こり得る熱傷や心肺停止、脊髄損傷などの身体的ダメージを偶然にも全く受けなかった2人。しかし、そんな2人の体にはある変化が起こっていたのです!

インド発のアクションコメディ『ライトニング・ムラリ』は、新感覚で楽しめるヒーロー映画です。鑑賞した第一印象はコメディ感が強く、キッズ向けの映画であるということ。

どことなく懐かしい雰囲気で、登場人物の気持ちを歌に込めて作られている構成なのでマラヤーラム語という聞きなれない言語の作品でも雰囲気で十分に楽しむことができます。

バナナ15本が盗まれるという事件を真剣に捜査するような平和な村“クルッカンムーラ村”のクリスマスパーティーの日に起こった落雷という悲惨な事件をきっかけに、特殊なパワーを授かったジェイソン。

序盤では家の窓を枠ごと破壊したり、遠くの蛇口が緩んでいる音を聞きとったり。常人離れしたその力使って村の人気者へとのし上がっていきます。

一方で、ジェイソン同様に雷に打たれたシブはというと何やら超能力のような力が!Netflixのあらすじで公開されている“思いもよらぬ敵”とはこのシブのことなのか?

『ライトニング・ムラリ』はアクションだけでなく、恋愛や家族との絆など見どころがたっぷりと詰まった作品です。

警察署長を務めるビンシーの父や婚約者・空手の先生、果ては子役まで。登場するキャラクターが個性的で、どのシーンを切り抜いてもクスッと笑えて飽きが来ません。

一応クリスマスの日というシチュエーションではありますがクリスマス感は強くなく、シーズン以外でもご家族で楽しめる作品になるのではないでしょうか^^

RELATED POST