映画

秘密のアンソロジー【netflix映画】あらすじ感想ネタバレなしキャスト。

秘密のアンソロジー netflix
『秘密のアンソロジー』 日本公開年月日:2021年

 

予告動画を見ると3人の監督のちょっと変わったラブストーリーの3作の短編集のようです。インドの映画ですが3作の一つがどうも出稼ぎにきた男が話し相手もなく店頭に並んでるマネキンに恋をする??なんか30年以上前のアメリカ映画『マネキン』を思い出しますが、さてこの作品はどんな展開になるのか気になります。

『秘密のアンソロジー』キャスト

  • アビシェーク・ バナルジー
  • リンクー・ラージグルー
  • デルザット・ハイウェル
  • クナル・カプール
  • ゾーヤ・フセイン
  • ニキル・ドゥウィヴェディ
  • パロミ・ゴーシュ

『秘密のアンソロジー』あらすじ

 アンソロジーとは異なる作者による作品を集めたもので、この『秘密のアンソロジー』では3つの秘密の物語を楽しむことが出来ます。華やかな大都会の情景とは異なり、それぞれが抱える暗く深い闇。愛や夢に憧れを抱く人々の物語とは?

『秘密のアンソロジー』感想

1つの映画で3つの恋物語が楽しめる『秘密のアンソロジー』。衣料品店で働くプラディープの奇妙な恋物語に、家庭に問題を抱えながら生きるナンドゥとマンジャリ。そして華やかな生活の暗い影を落としたマトゥル夫妻。舞台は違えどそれぞれが抱える孤独は深く…その深い孤独に反するように登場人物たちの愛や憧れへの執着は深いもので、登場人物たちが見出したそれぞれの予想外の結末に目が離せない作品です。

 2019年時点で、中国に次いで人口が多いインド。その中で、人口の80%にあたる人々が路上で商売をしたり、臨時日雇いやゴミ拾いなどをする生活をしていると聞きます。今回の『秘密のアンソロジー』では2つの話の中にその貧困層の話が含まれていて、あまり知ることのできないその境遇が大変興味深く感じました。
歴史や貧困問題に関係ないところでも3つの話の内容は興味深く、見ている視聴者を引き付ける魅力を持っています。中でも特に面白かったのは、1話目プラディープのマネキンとの恋物語です。家庭の問題と不倫を描いた他作品とは違う異様な内容でありながら、家族や職場の仲間との絆。そして、プラディープの心情がうまく表現されていると思います。

 また、2話目では世界最大規模の映画産業といわれるインドを象徴するかのような『映画館』が恋の舞台になっていて、街中や住宅などの細かいところまで再現された映像に注目です。3話目になると富裕層の家庭が舞台になっていて、これまでとは少し違う雰囲気です。しかし、人間の心というのは生活環境が違っても、常に明るい部分と暗い部分が存在しているんだということを改めて感じることが出来ます。
3作品を通して皆さんは何を感じることができるでしょうか?『彼らが見いだした意外な繋がりや親密さとは…。(Netflix公式引用)』それぞれの物語をお楽しみください。

ABOUT ME
ネットフリクサー
映画やドラマが好きで、毎日数時間は観てるドラマニアです。U-NEXTやHulu派でしたが、コロナの自粛期間中にNETFLIXを見だしたら完全にはまりました。最近では周りにNETFLIX薦めまくってます!ドラマや映画好きな方と繋がれたら嬉しいです。よろしくお願いします。
RELATED POST