海外ドラマ

セリング・タンパ~フロリダ西海岸、憧れの高級物件~【netflixドラマ】あらすじ感想評価ネタバレなし。

セリング・タンパの画像
『セリング・タンパ~フロリダ西海岸、憧れの高級物件~』 日本公開年月日:2021年12月15日配信

『セリング・タンパ~フロリダ西海岸、憧れの高級物件~』あらすじ

フロリダ州タンパでウォーターフロントの高級物件を扱うアルア不動産は、社長もエージェントも全員黒人女性。仕事も楽しくがモットーの彼女たちの仕事ぶりを追う。・・・公式より

巨大な家が出てきたり、華やかさが増したり、もちろんキャスト同士のドラマも盛りだくさんです。

YouTube予告動画(字幕なし)

『セリング・タンパ~フロリダ西海岸、憧れの高級物件~』感想

元軍人シャレルが築いたアルア不動産。そこで働く自立した女性エージェントたちの華やかに楽しむ仕事と私生活に迫るリアリティ番組『セリング・タンパ~フロリダ西海岸、憧れの高級物件』は、文句なしのフロリダ西海岸の景色と女性の憧れを詰め込んだような華やかな女性エージェントたちを見ることができる美しい作品です。

しかし、その美しさの陰にあるヤリ手女性エージェントエージェント同士の激しいぶつかり合いにも注目の『セリング・タンパ~フロリダ西海岸、憧れの高級物件』。

高級物件を扱うアルア不動産に勤める彼女たちですので、収入もかなりのものだと想像することができます。そんな彼女たちの成功の裏に隠れて渦巻く険悪なムードとは?

『セリング・タンパ~フロリダ西海岸、憧れの高級物件』1話“契約はヒールで獲得”を見て素直に感じたのは、登場人物たちの笑顔が怖すぎるということ。

自立した女性エージェントのみを採用したアルア不動産ですので、それなりの衝突は想定していましたが…Netflixに書かれてある「不機嫌な従業員がいる中」という言葉では言い表せないほど、予想以上の女同士のバトルに目が釘付けになります。


このブログでは基本的に作品の1話の感想しか紹介しませんので、本来であればそれ以降の話は見る必要が無いのですが…『セリング・タンパ~フロリダ西海岸、憧れの高級物件』だけは、つい最後まで見入ってしまいました(笑)

日本で生活をしていると“不動産エージェント”という職業にあまり馴染みが無いように感じてしまいますが、現在では“新しい不動産の購入方法”として注目される職業でもあります。

そんな最先端の職業で、尚且つフロリダ西海岸という高級住宅街を舞台に活躍する女性エージェントは兎にも角にも個性的。全員が自身の収入に直結する職場…

加えて女性特有の“結婚”や“年齢”そして“服装”などの問題も加わり、益々不穏なムード漂うアルア不動産。そんな中でも仕事を楽しむエージェントたちと、日本では見ることのできない憧れの高級物件の数々をお楽しみください。

RELATED POST