映画

ダヴィドとクリスマスエルフ【netflix映画】あらすじ・キャスト・感想・評価・ネタバレなし。

ダヴィドとクリスマスエルフ
『ダヴィドとクリスマスエルフ(David and the Elves)』
日本公開年月日:2021年12月15日配信
配信時間:1時間46分

『ダヴィドとクリスマスエルフ』キャスト

シプリアン・グラボフスキ(Cyprian Grabowski)

生年月日:2011年
出身  :ポーランド

ヤクブ・ザヨンツ(Jakub Zając

生年月日:1994年8月9日
出身  :ポーランド ジヴィエツ

アンナ・スモウオヴィク(Anna Smolownik)

生年月日:1985年7月8日
出身  :ポーランド ラドム

ミハウ・チャルネツキ(Michał Czernecki)

Michał Czernecki

生年月日:1978年4月4日
出身  :ポーランド ソスノビエツ

 セザリ・ジャック(Cezary Zak

Cezary Zak

生年月日:1962年8月22日
出身  : ポーランド ブジェク・ドルヌィ

モニカ・クジュフコフスカ(Monika Krzywkowska)

(Monika Krzywkowska

生年月日:1973年2月23
出身  : ポーランド ワルシャワ

ピョートル・ログツキ

 

『ダヴィドとクリスマスエルフ』あらすじ

仕事に追われて過ごすクリスマスはもうこりごり! 人間界へ逃げ出したエルフが、そこで友達になった少年の力を借りながら、クリスマスを満喫しようとする。・・・公式より

『ダヴィドとクリスマスエルフ』予告動画

『ダヴィドとクリスマスエルフ』感想

皆さん「クリスマスの作品」と聞くと、どんな映画やドラマを想像しますか?恋人同士が幸せになるハッピーな作品でしょうか、それとも子供たちがワクワクするようなファンタジーでしょうか^^

今回紹介したい『ダヴィドとクリスマスエルフ』は、おそらく皆さんが想像しないであろう新感覚のクリスマス映画です!というもの、クリスマスといえばサンタクロース。そのサンタクロースは子供たちにプレゼントを運んでくれる夢のような存在。しかし今回は…

『ダヴィドとクリスマスエルフ』に登場するサンタクロースは妙に現実的で、またサンタの国に住む子供たちもサンタクロースには憧れない!そんな、現代版のクリスマス作品になっています。

皆さん「サンタなんていない!」と思った経験は無いですか?サンタの国の子供たちは、そんな人間の想いを感じ取り「仕事は大変なのに割に合わない」と現実的な考えを持ってしまっています。そしてサンタクロース自身も人間とはかかわりを持ちたくない様子…

というのも、サンタクロースは過去に何度か人間に目撃されていて、その度に「泥棒だ」とひどい仕打ちを受けていました。時には警察を呼ばれ、またある時には命を狙われ…そんな散々な過去や現実を見る子供たちの間で唯一人間を心から愛していたのは、エルフ・アルベルトでした。

しかしアルベルトも“クリスマス”という1年に1度しかない日の仕事に疲れ、ついにはサンタの国を抜け出して人間界にやってきます。

そこで出会ったのは夢ある父を持つ人間の子供ダヴィドでした。ダヴィドの父はサンタクロースやエルフの存在を信じ、またダヴィドもエルフ・アルベルトの大ファン!大きな雪の塊と共に人間界に舞い降りたエルフは、ダヴィドの力を借りながらクリスマス休暇を満喫することができるのでしょうか^^

この『ダヴィドとクリスマスエルフ』は、先程書いたように新たな視点で楽しめる新感覚のクリスマス映画。本当はお子さんのいるご家庭・家族みんなで見ていただきたいオススメ作品なのですが…残念なことに日本語吹き替えがありません。しかも音声がポーランド語なので、日本人には中々難易度が高い作品です(笑)

作品内に登場するクリスマスのご馳走が“寿司”だったり、エルフの中には日本人っぽい名前もあったりなので、この“日本語吹き替えが無い”という一点だけが非常に残念でなりません(笑)

しかし、これを除けば「クリスマス映画なんてもう飽きた」とマンネリ感を抱いている大人たちも十分に楽しめる傑作!ぜひ皆さんでお楽しみください!