『ヴィンチェンツォ』11話~とうとうヴィンチェンツォたちがバベルの真の支配者が誰かに辿り着く!

韓国ドラマ
ヴィンチェンツォ』 日本公開年月日:2020年2月20日

NETFLIXの大人気作『ヴィンチェンツォ』です!

 

『ヴィンチェンツォ』11話 見どころ!

■ヴィンチェンツォとチャヨンがバベルからの3人の刺客に制裁を加えるシーン(特にチャヨンに注目)
■ヴィンチェンツォと彼の母親オの病室での温かみあふれるシーン
■逮捕、連行されたヴィンチェンツォの前に対外安保情報院のアンが部下を引き連れて現れ、警察からヴィンチェンツォの身柄をもらい受けるシーン
■とうとうヴィンチェンツォたちがバベルの真の支配者が誰かに辿り着く場面

『ヴィンチェンツォ』キャスト

  • ソン・ジュンギ
  • チョン・ヨビン
  • テギョン, ユ・ジェミョン
  • キム・ヨジン
  • クァク・ドンヨン
  • チョ・ハンチョル

『ヴィンチェンツォ』11話のあらすじ

チャン・ハンソクの正体を探るチャヨンたちは、⼿下をとらえて情報を吐かせようとする。地検からヴィンチェンツォを取り戻そうとするアン・ギソク。・・公式より引用

『ヴィンチェンツォ』11話のネタバレ感想

ヴィンチェンツォが「真のボスが分かった」という目線の先にはジュヌが!真のボスの名は「チャン・ハンソク」、アメリカで暮らしているという。バベルの刺客の1人が持っていた携帯電話で「会長」にコールバックする。

そしてジュヌに近づいていくヴィンチェンツォ。確かジュヌは携帯電話2台持ち。その場をごまかすジュヌ。現場に車で駆けつける2人の男。何と前回、ボコボコにしてキャスター付きの椅子でヴィンチェンツォが恐怖を味併せた刑事たちだ!なるほど、素晴らしいと感心する。

敵だった者を自分の部下にしてしまうところなんて賞賛してしまう。ヴィンチェンツォはおそらくジュヌ=チャン・ハンソクと気づいているのではないだろうか?それとも本当にまだ気づいていないのか?「もうチャヨンに付いてくるな」と。そして刺客3人を刑事たちに連れて行くよう指示。

事件の証拠隠滅などはナム事務長とチョルウクが担当。この2人で掃除屋ができるのか?と思ったが。ジュヌは人目の付かないところで、3人の刺客でもヴィンチェンツォを始末できなかったことを悔しがる。

自分の正体もバレそうになったが、このスリルを楽しんでいるようだ。ヴィンチェンツォとチャヨンは3人の刺客にバベル化学の研究員たち、キル医院長と捜査官、被害者家族の殺害について白状させる。しかし、チャヨンの怒りは収まらない。ともにバベルと戦った被害者家族の殺害は絶対に許すつもりはないのだろう。

3人の刺客が「法の審判を受けます」と言っても「甘えないで」と言い残し、3人を拘束している車内に車の排気ガスを全開で充満させていく。このシーンのチャヨンはカッコいい。いつものヴィンチェンツォのようだ。その後のヴィンチェンツォとチャヨン2人での車内での会話は敵と戦う時の勉強になる。クムガ・プラザの面々は今回も宴会。

ホンシクが双剣派の奴らをやっつけたことで盛り上がる。ホンシクが最も強いというみんなに対してアンは「ヴィンチェンツォは抑えている」と反論。

また、先ほどのヴィンチェンツォが3人の刺客を倒したことを知っているチョルウクが「地獄から来たヴィンチェンツォ・カサノ」とつぶやき、それを黙っているようにサインを送るナム事務長、事実を知っているのは3人だけと言わんばかりの姿が面白い。ヴィンチェンツォとチャヨンは2人でマッコリとおつまみを。

酔った勢いからかチャヨンはトンネルでのことを振り返り、いきなり抱き着いてしまったことに触れる。そのとき彼女がドキドキしたことについて実験すると言い出した。ヴィンチェンツォに抱き着いて、危機的状況だったせいなのか否かを確かめる。チャヨンは肉食系女子であることを存分発揮するようなシーンだった。

いい感じになるものの、最後は「やっぱりね」というチャヨンの結論「危機的状況のせいね」だった。夜が明けるとヴィンチェンツォは母親のオの病室を訪ねる。以前は「家族はいない」と言っていたオだが、今回は「息子がいた」と素直にヴィンチェンツォに話す。「余命宣告をされたので養子に出した」とも。

ヴィンチェンツォもオもお互いが親子だと分かっているのにそれを言い出せないようだった。しかし、非常に温かみのあるシーンだった。バベル・ウサン側ではミョンヒがヴィンチェンツォの扱い方を変えるようにジュヌに進言。「マフィアであることを利用したらいかがか」と。どんな手を打ってくるのか興味深い。

久々のチョ社長の登場。ヴィンチェンツォが話を進めないので勝手に手を打ったのか!暖薬寺告発の文章が届いたため調査が入る。本線とは脈略のない、クムガ・プラザ住人によるマフィア・ゲーム(月に一回開催)が開かれる。ルールは良く分からないが、誰がマフィアかを当てるゲームらしい。

その時の件でチョルウクが「北朝鮮の兵士みたいだ」と言われているのには笑った。(チョルウク役のヤン・ギョンウォンは韓ドラ『愛の不時着』で北朝鮮の兵士・ピョ・チスを演じていた)このマフィアゲームの最中に先ほど暖薬寺の調査に入った調査チームがヴィンチェンツォをマフィアのコンシリエーレだと逮捕し連行する。

彼の選任弁護士として付き添うチャヨン。そして対外安保情報院・イタリア組織犯罪対策チーム長のアンも続く。幸せそうな場面が一変、雲行きが怪しくなってきた。アンはヴィンチェンツォを助けるために局長に直談判。アンの熱意が伝わり、局長も「ヴィンチェンツォの身柄をこちらで確保する」と。アンの涙がにじんだ笑顔が非常に印象的。

警察ではヴィンチェンツォ=犯罪者という結論ありきでの取り調べ。「証拠は何とでも捏造できる」と警察。手錠を掛けられ取調室から連行される途中、救世主の登場!対外安保情報院のアンが部下2名を引き連れ現れる。

そしてヴィンチェンツォを警察から華麗にもらい受ける。この時のアンはカッコよく輝いて見える。また、BGMもいつもだったらヴィンチェンツォが敵に一撃を喰らわせた時のものなので、このシーンがより一層カッコよく見える。チョルウクもそうだったが、アンもヴィンチェンツォに協力を申し出る。

意図していないのに、どんどんヴィンチェンツォの協力者が出て来るのは、彼のカリスマ性の致すところだろう。釈放後、クムガ・プラザに帰ると演奏パレード隊まで用意しているクムガ・プラザ住人たち。派手で笑える明るいシーンだ。ヴィンチェンツォのイタリアマフィア時代の犯罪写真からバベルの真の会長に辿り着くかもしれないということで、イタリアの知人・ルカからカメラ映像をもらう。

そしてそこに写っている韓国人の身元を対外安保情報院のアンが調査することに。アンにスポットライトが当たって来て、一視聴者としては嬉しい。一歩進むとまた違う問題が舞い込んでくる。暖薬寺の寄付金に関するバッシングがネットに上がり、僧侶のチェシンがヴィンチェンツォのところに駆け込んでくる。

以前にチョ社長が苛立っていたので、これは彼の仕業か?と想像してしまう。ヴィンチェンツォ側で仲間割れか?と思われると同時にバベル側でもクーデターの火種が。バベルの表向きの会長・ハンソの心の内を知ったウサン法律事務所代表のハン。ハンがハンソをそそのかし始める。バベルもクーデターが起こるかもしれない。

ヴィンチェンツォはチョ社長を呼び出して問い詰めると、やはりバッシングの件はチョ社長だった。彼をいさめるヴィンチェンツォ。彼ににらまれたら命がないと感じるチョ社長は頷くしかない。その直後にはクムガ・プラザの数人に「金がクムガ・プラザのどこかに隠されている」という話を聞かされるヴィンチェンツォ。

この件を知らないのは藁法律事務所の3人だけだと。このことを初めて知ったヴィンチェンツォはクムガ・プラザ住人にはいい顔をして部屋を出て行くものの、人がいないところではダンボール箱を蹴って怒りを表し、蹴った表紙に痛かったのか脛をこする姿は子供っぽくて笑える。アンはヴィンチェンツォのもとに彼の情報を探っていた韓国人を特定。

彼の名はキム・サンユン。捕らえてバベルの真の会長の名を訊き出そうとするが、キムの口は堅い。キムを捕らえ今やヴィンチェンツォの猟犬となっている2人の刑事とは大違いだ。「たいていの苦痛には耐えられる」と言うキム。彼をどう攻略するのかと思っていたら、ヴィンチェンツォは「恐怖」を与えることに。

「苦痛には限界があるが、恐怖には限界がない」と。名言だ!そして始めたのがロシアンルーレット。さすがに4回戦まで行くと口を割らないとしていたキムも恐怖で口を割る。「ウサンの弁護士だ」と。追って「チャン・ジュヌ」と。とうとうバベルの真の支配者の名、そして姿を明るみに出すことに成功したヴィンチェンツォ。

そういえば、ヴィンチェンツォのことですっかりと忘れていたが、チャヨンはジュヌに今回は本当に情報があるからと呼び出されていた。チャヨンとジュヌの情報交換の最中にヴィンチェンツォが「チャン・ジュヌ=チャン・ハンソク」ということを伝える。チャヨンの異変を感じて彼女をどうにかするのかと思ったが、ジュヌは気づいてなかったのか?超ご機嫌で自宅に戻るジュヌ。そこに待ち受けていたのはヴィンチェンツォ。

拳銃を突きつけジュヌを跪かせる。冷静なジュヌを見ていると、もしかしたら電話を受けていたチャヨンの異変を感じて彼女をすでに人質に取っているのかもしれないと思うのである。しかし、銃口を自分の眉間にまで持っていき「殺せ」とジュヌが。ヴィンチェンツォはトリガーをひくのか?一発の銃声と共にエンディングを迎える。

関連記事

おすすめ記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

週間ランキング

  1. 1

    シーズン2『LUPIN ルパン』1 (シリーズ6)ネタバレ感想!衝撃的なエンディング。

  2. 2

    『LUPIN ルパン』シーズン2~2 (第7章)ネタバレ感想!クレールはアサンに一言「逃げて」と。

  3. 3

    シーズン4配信決定!ストレンジャーシングス1~2話あらすじネタバレ感想!

  4. 4

    シーズン2『LUPIN ルパン』エピソード5 (第10章)ラストネタバレ感想!

  5. 5

    シーズン2『LUPIN ルパン』エピソード4 (第9章)。迷路のようなカタコーム内でのアサンたちとロジエ警部たち・・・

  6. 6

    『LUPIN ルパン』シーズン2~エピソード3 (第8章)ネタバレ感想!アサンの壮大かつ鮮やかな計画!

  7. 7

    『そしてサラは殺された』シーズン2(6話)netflix、シーズン3までもつれこみますな~

  8. 8

    『LUPIN ルパン』3章netflix~ネタバレ感想!デュモンが監禁されている場所が判明する!

  9. 9

    『LUPIN/ルパン』2章~ネタバレ感想!ゲディラ捜査官の今後に注目!

  10. 10

    『そしてサラは殺された』シーズン2ラスト第8話「死の真相」~最後はまさかのシーズン3への・・・

おすすめ記事

  1. 【オールド・ガード】netflixネタバレ感想!評価レビュー~たかが五人…されど五人の卓越したチームワークが魅せる華麗なアクション!

  2. 『スペース・スウィーパーズ』netflixネタバレ感想!汚染された地球のはるか上空にあるUTS!?

  3. 『密航者』ネットフリックス、ネタバレ感想!宇宙空間という漆黒の世界で涙を誘うラストシーン!

  4. ザ・ベビーシッター~キラークイーン【NETFLIX】ネタバレ感想!さらに進化したグロテスクな描写!

  5. ザ・ベビーシッターNETFLIXネタバレ感想結末!残酷なのに笑える!グロテスク版ホームアローン風映画!

  6. ラブ&モンスターズ、ネタバレ感想評価!化学爆弾により巨大化&変異したさまざまな生物・怪物!

  7. 水原希子『彼女』ネタバレ感想評価。さとうほなみ共演!YUIのCHE.R.RYやノラジョーンズの曲がほっとさせる!

  8. 『タイラー・レイク』最後は衝撃!キャストの髪形、タイラーの銃かっこいい!

最近の記事 おすすめ記事
  1. ミステリーバス5話 ネタバレ感想!「古い学校」180度見方が変わるラストシーン!

  2. 『ヴィンチェンツォ』19話~「なぜ、秘密部屋から金塊が消えたのか」の回答となる舞台裏!

  3. 「レッツ・カーニバル!」Netflixで6月2日から配信開始!

  4. 極主夫道【NETFLIX】1話ネタバレ感想,オープニング主題歌の歌詞が面白い!

  5. 『愛の不時着』10話~あらすじ感想ネタバレ。雪の降るソウルの街中でジョンヒョクとセリが再会する!

  1. 極主夫道【NETFLIX】1話ネタバレ感想,オープニング主題歌の歌詞が面白い!

  2. 『ヴィンチェンツォ』netflixエピソード1~ネタバレ感想!壮大なイタリアが舞台になっている!

  3. ベイカー街探偵団1章ネタバレ感想!弱弱しいジェシーが実は凄い能力を秘めてた!

  4. 【全裸監督】1話あらすじネタバレ感想!冒頭から魅せる様々な場面と山田孝之の怪演!?シーズン2配信間近!

  5. 今際の国のアリス1話、ネタバレ感想!アリス達の前に現れた謎の【GAME】とは?

TOP