コメディ

ラッセル・ハワードの笑いは世界を救う【netflixコメディ】あらすじ感想評価ネタバレなし。

ラッセル・ハワードの笑いは世界を救うの画像
『ラッセル・ハワードの笑いは世界を救う』 日本公開年月日:2021年

2021年12/14配信

『ラッセル・ハワードの笑いは世界を救う』キャスト

ラッセル・ハワード

『ラッセル・ハワードの笑いは世界を救う』あらすじ

イギリスのコメディアン、ラッセル・ハワードの2部構成コメディスペシャル。コロナ禍で久しぶりとなったステージとロックダウン中の日常から、その素顔に迫る。・・・公式より

『ラッセル・ハワードの笑いは世界を救う』感想

イギリスのコメディアン、ラッセル・ハワードが2017年以来のコメディ・スペシャルを開催。今回の『ラッセル・ハワードの笑いは世界を救うは二部構成になっており、第一部“人生の潤滑油”は自虐ネタや下ネタを組み込んだスタンドアップコメディになっています。

ラッセル・ハワードといえば“英国コメディ界が生んだスター”という呼び名で有名なコメディアンで、整った顔立ちと可愛らしい笑顔で人気が急上昇したことでも知られています。得意のネタは“自虐”で、今回も自身の経験から家族のネタまで、存分にその才能で会場を沸かせています。
現在Netflixではラッセル・ハワードの前作『ラッセル・ハワードのコメディ・スペシャル』も見ることができます。今回はこの2017年と現在を比較して“時代は変わった”というテーマからスタート。「あの頃はコロナと言えばビール」という時代を象徴するワードで一気に観客の心を惹きつけるテクニックは流石です!

ところで皆さん、コメディと聞くとどこの国を思い浮かべますか?私は圧倒的にアメリカのコメディ、特にブラックジョーク的なシーンを思い浮かべます。コメディには国柄が反映されるとよく聞きますが、今回登場するラッセル・ハワードはイギリス人。不幸な時事ネタをいじるアメリカ的ブラックジョークに対して、自分をいじる“自虐”ネタが多い分コメディが苦手な方でも軽い気持ちで見ることできるのでオススメです^^
また、今回の『ラッセル・ハワードの笑いは世界を救う』最大の注目は、二部構成になっているということ!一部では会場を爆笑の渦に巻き込んだラッセル・ハワードですが、二部ではそれが一変…2019年に最大規模のツアーを行い、そこからびっしりと組まれたツアーの舞台裏やステージを紹介する予定が、コロナウイルスの影響で大打撃を受けたラッセル・ハワードを見ることができます。無精髭姿でソファーで語るラッセル・ハワードにはステージでのあの輝くはなく…ここからどうストーリーが展開していくのかに注目です。

コメディなのに笑いだけではない今回の『ラッセル・ハワードの笑いは世界を救う』は、コメディ作品としてはかなり異色の仕上がりになっている印象。ドキュメンタリーのようにリアルなラッセル・ハワードを映し出す仕様はこの悲しくも辛い現実の中で、ファンにとってとても嬉しいサプライズになったのではないでしょうか^^
2017年に公開された前作と併せて、是非ラッセル・ハワードを存分に堪能して下さい!